カラダが硬いとヨガはできないのか

【カラダが硬いからヨガができない】

こう思う人は本当に多くて

 

気持ちはわかります

私も指導者としては硬いレベルです

養成学校に通っていたときの同期の中でも硬いグループでした

 

でも、それがなんなんでしょうか(笑)

 

本来、ヨガとは
カラダの硬い方こそやるといいよ、というお話です

 

そんな

私が理想とするのは

・体調が悪くなりやすい人のため
・ケガをして動きにくくなっている人のため
・病気がちな人のため
・心身ともに疲れやすくなっている人のため

すごいポーズをやる必要なんて全くないしやらなくていいです

 

裏事情をお話するとしたら
ヨガでカラダを痛めることもあるのです

 

私は頭で身体を支えるポーズとか(ヘッドスタンド)
腕だけで身体を宙に浮かせるポーズとか(アームバランスなどという)

 

やろうとも思わないし
生徒さんに指導することもしないです

 

私がこうして55歳で
どこも身体を痛めることなく
元気で
健康で
ゴルフもできて
2ラウンドくらい連続でやれるだけの体力があるのは
身体がどこも壊れてないから

ヨガは心身を整えるものであって
高度な技にチャレンジするものではないと思います

それでもそういうものも好きな方もいらっしゃるので私は否定はしませんがやりません

そういう私みたいな考えの指導者がいたらもっとヨガへのハードルが下がるように思います

 

ヨガテラピーコーチ養成塾

3つの特徴

①難しいポーズを一切しない

②難しい言葉を使わない

③カラダの硬いという方向け

です

選ばれた人だけが出来るのではなく

選ばれる人ができるホスピタリティのあるレッスンを展開します

ヨガはね、遊び感覚でいいんですよ

コース内容などご不明点がございましたらお問合せフォームまたは公式LINEにてお問合せください。

Access アクセス